Search

検索したいワードを入力してください

2019年02月14日

黒髪に合うおすすめメイク方法7選|髪型に合うメイク方法

黒髪は男性から人気のある髪色です。しかし、黒髪に合ったメイクの仕方がよくわからないからと、黒髪を避けている女性もいます。ですが、黒髪に合わせたメイクのポイントを抑えておけば、黒髪にした際に、メイクで悩む必要がなくなります。

黒髪に合うおすすめメイク方法7選|髪型に合うメイク方法

黒髪メイクは透明感が大切

黒髪に合うおすすめメイク方法7選|髪型に合うメイク方法

明るい髪色であれば、明るいメイクをすれば良いので多くの人が対応できます。しかし、黒髪の場合は単に明るくするだけではなく、メイクに透明感を持たせる必要があります。また、場面によっては透明感を出しつつ、大人の雰囲気を出す必要もあります。

そのため、黒髪に合わせたメイクが苦手という女性は多く、黒髪に合わせたメイクをすることが大変なため、黒髪を避けてしまうという人もいます。

黒髪に合うおすすめメイク方法7選

黒髪に合うおすすめメイク方法7選|髪型に合うメイク方法

上記で述べたとおり、黒髪のメイクが難しいと感じてしまう女性は多いです。しかし、黒髪は大人の雰囲気があり、清楚な印象を与えることができるため、男性に人気のある髪色でもあります。また、仕事や出掛け先などを選ぶ必要のない髪色なので便利でもあります。

そのため、黒髪のメイクが苦手という理由で、黒髪を避けてはもったいないことがあります。なので、黒髪にした場合のメイク方法だけでも把握しておくようにしましょう。

1:下地

黒髪のメイクでは肌に透明感を作ることが重要です。肌の透明感を出すためには肌の黄色を抑えると良いでしょう。その肌の黄色を抑えるためには、ブルーやパープルなどの寒色系カラーをベースにしましょう。

寒色系カラーは肌のくすみを目立たなくして、肌色を明るく見せてくれるので、肌に透明感が出るようになります。ただし、髪色が黒髪なので、肌を明るくしすぎると、髪色とのコントラストがキツくなりすぎるので注意しましょう。

パープルコントロールカラー

黒髪のメイクでは肌に透明感を出すことが重要です。その透明感を出すためには寒色系カラーを使います。寒色系カラーの中でもおすすめのカラーはパープルやバイオレットです。

これらのカラーは肌のくすみを目立たなくしながら、肌の色を少し落とすことができます。肌の色を少し落としておくことで、ファンデーションによって明るい印象を与えやすくなります。

【WHOMEE フーミー】コントロールカラーベース (パープル)

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

顔全体の下地は別の商品を使用しており、こちらは目の周りのくすみに使用。 パールより小さいくらいの量を半分ずつ目の周りに。すると、ぱっと目の周りが自然に明るくなります。

2:ファンデーション

下地では肌のくすみなどを目立たなくするために、パープルなどの寒色系カラーをベースにします。すると、肌の色を少し落とすことができます。

肌の色を落としておくことで、ファンデーションを部分的に使ったり、薄く重ねたり、ファンデーションの種類などによって、肌の印象をコントロールしやすくなります。

透明感の印象を与えたい場合にはツヤ肌の印象を与えられるファンデーションを選ぶと良いでしょう。

ツヤ肌

黒髪のメイクでは、肌に透明感を与えることが必要です。肌に透明感がある印象を与えるためには、ツヤ肌にします。そのため、ファンデーションには潤い感に特化した物を選ぶ必要があります。

また、ファンデーションで重たさを感じさせないようにすることも重要です。しかし、できるだけ自然な肌に整えようとすると、クマや赤みなどのカバーしきれない部分が出てきます。そのような場合はコンシーラーをプラスして対応しましょう。

カネボウ LISSAGE カラーメインテナイザー CII 30g ソフトオークルC

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

着けた後もお肌がしっとりしているのでお勧めです。冬時期になると肌がすごく乾燥してしまうのですが、今のところありません。1本でけっこう長持ちします。

3:アイシャドウ

黒髪のメイクではアイシャドウを濃くしてしまうとくらい印象となってしまいます。そのため、黒髪のメイクでのアイシャドウはベージュやブラウンなどの落ち着いた色で、薄くしておくことが定番となります。

また、肌には透明感を持たせているので、アイメイクではあまり主張が強くなりすぎないようにすることが黒髪のメイクのポイントとなります。

ブラウン系

上記で述べたとおり、黒髪のメイクでは、ベージュやブラウンなどの落ち着いた色を使うことが定番となっています。黒髪に黒いメイクをしてしまうと、髪色だけで重たく見えてしまうことがあるのに、メイクでまで重たい印象を与えてしまうことになってしまいます。

そのため、明るい色を使う必要はありませんが、落ち着いた色で、できるだけシンプルにメリハリを作ることが重要となります。

インテグレート グレイシィ アイカラー ブラウン789 2g

¥ 810

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

発色が良く、艶やかな本商品。 しっとり、うるおいのある仕上がりで良品です。

4:アイライン

黒髪のメイクでちゅいしなければいけないことは、キツい印象を与えてしまわないようにすることです。そのため、アイラインもアイシャドウと同様に、落ち着いた色を選ぶと良いでしょう。

黒を選んでも良いですが、ラインを太くしすぎるとキツい印象となってしまうため、細いラインで目尻に向かってそっとひくようにしましょう。

ブラウン系

上記で述べたとおり、アイラインは黒色でも良いですが、黒髪のメイクではブラウン系などの落ち着いた色が定番となります。できるだけ黒に近い方が良いという人はダークブラウンがおすすめです。

ダークブラウンであれば、ブラウン系よりは暗く、黒よりも明るくなります。また、ナチュラルな印象が作りやすいというメリットもあります。

ラブ・ライナー リキッド アイライナー (ダークブラウン)

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

筆が非常にしっかりしていてコシがあり書きやすいです。 安いリキッドアイライナーは筆の先が割れやすいですがこちらはなかなか長持ちします。

5:眉毛

眉毛のメイクも他の部分と注意点は一緒です。なので、眉毛のメイクでもキツい印象を与えないようにしましょう。

眉毛の場合は、黒くはっきりさせてしまうと、髪色よりも目立ってしまって眉毛が浮いたような状態になってしまいます。そのため、眉毛もブラウンなどの髪色よりも少し明るい色を選ぶようにしましょう。暗めの色の方がよければダークブラウンを選びましょう。

髪色より明るく

上記で述べたとおり、黒髪の場合は眉毛が悪く目立ってしまわないように、ブラウン系などの黒髪よりも少し明るめの色を使うことがポイントになります。

また、ブラウン系では温かい印象を与えることができますが、グレー系の色を使うとクールな印象を与えることができます。また、眉を立体的に見せるためには、眉中央の太い毛が生えている部分を濃くすると良いでしょう。

インテグレート アイブロー ペンシル N BR641 ブラウン 0.17g

¥ 756

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

ブラシも付いてるし、結構長い芯が入ってるので長持ちするし色合いも好き。 ただちょっと擦れに弱いかな。

6:チーク

肌に透明感のある印象が必要な黒髪のメイクでは、チークも非常に重要となります。ただし、チークを使っても、透明感は残す必要があります。そのため、あまり濃い色で、しっかりとチークを使ってしまうと全体的に濃い印象を与えてしまわないように注意が必要です。

なので、ほのかに色を載せるくらいの気持ちでチークは利用すると良いでしょう。また、チークで暗くなりがちな目元も明るくすると良いでしょう。

レッド系

上記で述べたとおり、チークはほんのりと色が乗るくらいがちょうど良いです。なので、チークは血色を補って、肌を明るく見せるためのレッド系が良いでしょう。

また、レッド系の中でも、ほのかな血色を表しやすいピンク系を使うと透明感が強くなります。もし、少し大人の印象を与えたい場合には、少し赤い色に寄せたチークを使いましょう。

キャンメイク クリームチークCL05 クリアハピネス 2.3g

¥ 626

Amazonで見る

楽天で見る

7:リップ

口元の印象は顔全体の印象に大きく関わります。そのため、眉や目、肌にどれだけ気を使っても、リップで失敗をしてしまうと、全体のバランスが崩れてしまうので注意が必要です。

リップは濃い色を使ってしまうと、悪く目立ってしまいます。そのため、できるだけ肌の色に近くした方が良いため、チークに近い色を選ぶと良いでしょう。

赤リップ

上記で述べたとおり、リップはチークの色に近いものを選ぶことで、悪く目立ってしまうことを防ぐことができます。そのため、リップはチークの色に合わせて、ピンク系の色を選ぶことが多くなります。

少し大人の雰囲気で赤色に寄せたチークを使っている場合には、そのチークの色に合わせて、リップの色も少し赤に寄せる必要があります。

【オペラ(OPERA)】ティントオイルルージュ (6 ピンクレッド)

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

06ピンクレッドを購入しました! 色もめちゃくちゃ可愛いし色落ちもしにくいです!ただ、完全にずーーっと落ちないって訳では無いです。さすがに。

基本を把握しておく

世界一シンプルなナチュラルメイクの教科書

Amazonで見る

楽天で見る

口コミ

とてもわかりやすく、すぐ使えるメイクやヘアのテクニックばかりでした! 周りの子に可愛くなったねと言われました!

メイクは毎日のようにするものなので、メイクの基本については知っていると思っている人が多いです。しかし、正しいメイクの基本が身についていない人も多いです。

黒髪のメイクはシンプルにまとめる必要があるため、メイクの基本術が非常に重要です。なので、自分の持っているメイクの基本と、正しいメイクの基本に差がないか、確認しておきましょう。

【髪型別】黒髪に合うメイク方法

黒髪に合うおすすめメイク方法7選|髪型に合うメイク方法

黒髪には透明感のある肌と、キツい印象を与えないメイク方法が基本となります。しかし、これらはあくまでも基本のため、その人の顔の形やファッションなどにも合わせる必要があります。

特に、同じ黒髪でも、髪型が違うだけで顔の印象は大きく変わります。そのため、髪色だけでなく、髪型にもメイクは合わせる必要があります。

ショート

黒髪に合うおすすめメイク方法7選|髪型に合うメイク方法

黒髪ショートは真面目な印象でも、可愛らしい印象でも、スタイリングの仕方でどちらの印象も作れる髪型です。

可愛らしさを強調したスタイリングにするのであれば、肌の透明感と全体の明るさを意識したメイクをしましょう。真面目さを強調したい場合には、明るさを少し落としましょう。

ボブ

黒髪に合うおすすめメイク方法7選|髪型に合うメイク方法

黒髪ショートの場合は、真面目さも可愛らしさも、どちらも強調することができました。ですが、ボブの場合は、どちらかというと可愛らしさに特化した髪型になります。

そのため、真面目な印象をはっきりと与えるメイクよりも、柔らかくナチュラルメイクで仕上げている方が可愛らしい印象を与える方が良いでしょう。

ミディアム

黒髪に合うおすすめメイク方法7選|髪型に合うメイク方法

黒髪ミディアムは可愛らしさを強調できなくもないですが、どちらかというと大人の印象を作りやすい髪型となります。そのため、肌には透明感は持たせますが、チークやリップなどを赤色に寄せて、少し大人の印象を与えると良いでしょう。

ロング

黒髪に合うおすすめメイク方法7選|髪型に合うメイク方法

黒髪ロングでは大人っぽい印象も、可愛らしい印象も作ることができます。ただし、どちらの場合も、視覚的に黒色が大きく目立つようになるため、肌の透明感は特に意識する必要があります。

また、眉やリップなどに濃すぎる色を使ってしまい、悪い目立ち方をしないように注意しましょう。これらが悪く目立ってしまうと他のパーツよりも浮いて見えてしまいます。

黒髪に合うメイクを楽しもう

黒髪に合うおすすめメイク方法7選|髪型に合うメイク方法

黒髪は男性から人気のある髪色です。しかし、黒髪に合ったメイクの仕方がよくわからないからと、黒髪を避けている女性もいます。

しかし、黒髪に合わせたメイクでは、肌の透明感や、眉やリップの明るさなどのポイントを抑えておけば、難しく考えることはありません。

また、黒髪は仕事や出掛け先などの状況によって、髪色を気にする必要もありません。なので、黒髪のメイクを覚えて、黒髪とメイクを楽しみましょう。

この記事に関連する情報もチェックしよう!

髪は髪型や髪色以外に、髪の状態も気にしなければいけません。髪を何度も染めたり、日頃のケアの仕方によって、髪が傷んでしまうこともあります。

髪が傷んでしまうと、できる髪色や髪型に制限がかかってしまうこともあります。なので、髪のダメージが大きくなってきているのであれば、一度バージンヘアに戻すように努力してみましょう。その際に、黒髪へ一旦戻して、黒髪を楽しんでも良いでしょう。

Related