Search

検索したいワードを入力してください

2018年09月14日

細眉のメリット/デメリット8選・細眉が似合う人の特徴・メイク

細眉メイクが好きな方におすすめの、細眉についてまとめました。細眉が似合う人の特徴や、細眉にするメリットやデメリットについて知っておきましょう。また細眉の有名人のメイクテクニックについても紹介していますので、細眉メイクの参考にしてください。

細眉のメリット/デメリット8選・細眉が似合う人の特徴・メイク

細眉が似合う人の特徴3つ

細眉のメリット/デメリット8選・細眉が似合う人の特徴・メイク

眉メイクは細眉と太眉が交互にトレンドとして入れ替わります。今流行りの眉メイクは少し太めの眉ですが、今もなお細眉を支持している方も多いのではないでしょうか。

流行に乗ったメイクが必ずしも誰にでも似合うとは限らないので、細眉の方が似合う顔立ちの方もいます。

今回は、細眉が似合う人の特徴を紹介しますので、好みのメイクや似合うメイクで自分らしい細眉メイクを楽しみましょう。

特徴1:目が小さめ

細眉が似合うのは顔の面積に対して、目が小さめの人です。目が小さめの人が細眉にすると、すっきりとしたシャープな目元を作ることができます。

その反対に、顔の面積に対して、目が大きい人が細眉にすると、メイクのバランスが取りづらくなります。目が大きい人は、なるべく眉尻の長い細眉にして調整すると良いでしょう。

特徴2:切れ長でシャープな目元

細眉が似合う人の特徴に、切れ長でシャープな目元の人が挙げられます。

切れ長でシャープな目元の人が太眉にしていると、眉毛ばかりが目立ってしまい、すっきりとした目元の魅力が半減してしまいます。

そのため、切れ長でシャープな目元の人は、細眉メイクを意識してみましょう。そうすることで、メイク全体のバランスが取れます。

特徴3:彫りが深めの人

細眉が似合う人の特徴として、顔の彫りが深めの人を挙げられます。

彫りが深めの人は、細眉にすることで彫りの深い顔の雰囲気とマッチすることができます。反対に、太眉にしてしまうと目元と眉毛が悪目立ちしてしまう可能性があるので、自分の顔に似合う眉の細さを研究してみてはいかがでしょうか。

細眉のメリット/デメリットと細眉メイク

細眉のメリット/デメリット8選・細眉が似合う人の特徴・メイク

普段は厚めの前髪で眉毛を隠していたとしても、風が吹いたときなど、ふとしたときに眉毛は見えてしまいます。そして、その眉毛には顔のバランスを左右する大事な役目がありますので、いつでも整えておくことが大切です。

また、細眉にするにはメリットもあればデメリットもあります。自分の顔に似合う眉毛の太さを見つけるだけで、メイクの仕上がりに差が出るので、細眉が似合うかどうかを見極めてみましょう。

細眉のメリット4つ

細眉のメリット/デメリット8選・細眉が似合う人の特徴・メイク

ただ細眉にすれば良いというものではありません。自分の顔にとって似合う眉毛かどうか、自分のなりたい顔の雰囲気になれるかどうかも眉毛の太さを決めるポイントとなります。

細眉のメリットを紹介しますので、細眉メイクにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

メリット1:顔がすっきりと見える

細眉にすることで、顔がすっきりとスタイリッシュに見えるというメリットを挙げることができます。

太眉の場合は眉毛だけが目立ってしまう場合もありますが、細眉の場合は眉毛だけが目立つということはほとんどなく、すっきりとした印象のメイクに仕上げることができます。

また、眉山を角ばって描くとよりすっきりとしたスタイリッシュな印象に、眉山のカーブをあまり付けずに描くと、柔らかい印象の細眉に仕上げることができます。

メリット2:女性らしい印象を与える

細眉のメリット/デメリット8選・細眉が似合う人の特徴・メイク

きれいに整えられた細眉にすることで、女性らしい印象を与えることができるメリットがあります。

メイクに疎い男性からすると、太眉はお手入れをしていない眉毛に見えてしまう場合があります。そのため、男性ウケを狙うなら細眉を選ぶことがおすすめです。

メリット3:大人っぽい顔立ちになる

細眉に整えると、大人っぽい顔立ちになるというメリットを挙げることができます。

大人っぽいメイクがしたいときは、眉毛を細眉に整えてみましょう。丁寧に整えた細眉とツヤのあるアイシャドウを組み合わせれば、アンニュイな質感の大人っぽいメイクに仕上げることができます。

そのため、結婚式や披露宴の二次会などのドレスアップした際のメイクにも、細眉で大人っぽい顔立ちに整えると良いでしょう。

メリット4:色っぽい表情になる

細眉にすることで色っぽい表情になるというメリットを挙げることができます。

大人っぽさを表現できる細眉は、色っぽさを出すのにもおすすめの眉毛です。これはメイクをしている時だけではなく、すっぴんでも色っぽさを演出したい場合にも有効の方法です。

そのため、すっぴんでも色っぽい表情を作りたいようなお泊りの前などには、眉毛を念入りに細眉に整えてみてはいかがでしょうか。

細眉のデメリット4つ

細眉にすることにメリットがあるのと同じように、デメリットも存在しています。そして、人それぞれ顔のパーツの大きさが違うように、似合う細眉の細さや角度が違います。

細眉のデメリットも理解した上で、自分に合った細さの細眉に整えてみてはいかがでしょうか。

デメリット1:顔が大きく見えやすい

細眉にすることのデメリットに、顔が大きく見えやすいという点を挙げることができます。

細眉にすることで、目の上からおでこの面積が大きく見えてしまうことがあり、それに伴って顔全体が大きく見えてしまいがちです。

そのため顔が大きく見えないように、眉毛はあまり細くしすぎないことを心がけることがおすすめです。

デメリット2:弱々しい雰囲気が出る

細眉にすることのデメリットに、弱々しい雰囲気が出てしまうことを挙げることができます。

細眉にして眉毛の印象が弱くなることで、全体的に弱々しい雰囲気が出てしまいます。そのための対処法として、眉毛以外のアイメイクを濃くすることを意識してみましょう。

アイシャドウやアイラインをくっきりと表すことで、細眉で弱々しい雰囲気になった分をカバーすることができます。また、濃い色のアイシャドウを使っても良いでしょう。

デメリット3:軽い印象になる

細眉にすることのデメリットに、軽い印象に見えてしまうことを挙げることができます。

細すぎる眉毛にすると、軽い印象に見られがちなので、細眉は適度なバランスを取ることが大切です。そのためにも自分に合った細眉のバランスの良い細さの目安は、元の眉毛の半分以下にならないようにすることです。これ以上細くすると、軽い印象に見えてしまいます。

このように、細眉は顔とのバランスを常に意識することが大切なポイントです。

デメリット4:シャープすぎるとキツイ印象

細眉にすることのデメリットに、シャープすぎるとキツイ印象を与えてしまうことを挙げることができます。

細眉は、シャープすぎない角度に気をつけることが大切です。また、元々切れ長でシャープな目元の人は、シャープさが増しすぎないように鏡を遠目からチェックして細眉のバランスを見ると良いでしょう。

細眉でキツイ印象に見えてしまった場合は、パウダータイプのアイブロウでふわっとした眉毛に仕上げる対処法もあります。

細眉メイクのポイント4つ

細眉メイクは、ただ眉毛を細く整えれば良いのではなく、なるべくナチュラルに仕上がるように心がけることで今風の細眉メイクが完成します。

また、眉毛を整えるときは目の周りを傷めないように、毛抜きで抜かずに丁寧に剃る方が良いでしょう。

細眉メイクのポイントを4つ紹介しますので、細眉メイクに挑戦してみたい方は参考にしてください。

ポイント1:剃り方

眉毛を整えるときには、いきなり剃らずにまずはアイブロウでなりたい細眉を描きましょう。左右ともに細眉を描いたら、はみ出したはみ出した部分をカミソリで剃ります。

眉毛を剃る時は、フェイス用のカミソリを使って剃ります。この時に部分剃り用のカミソリを使うと、細かい部分の眉毛まで綺麗に剃ることができます。

また、シェービングジェルを使って肌を保護しながら剃るのがおすすめです。

ポイント2:カット

細眉に整えるためには、眉毛を剃った後に今度は長い眉毛をカットしましょう。

細眉メイクのポイントは眉毛全体を眉毛コームでとかした後に、はみ出した眉毛をカットすることです。眉毛の長さを一律整えておくことで、至近距離から見たときでも綺麗な細眉になります。

眉毛を丁寧に整えておくことで、女性らしさをアピールすることもできます。大事なデートや合コンの前に、綺麗な細眉メイクをマスターしておきましょう。

ポイント3:描き方

細眉のメリット/デメリット8選・細眉が似合う人の特徴・メイク

細眉を描くときは、ペンシルタイプのアイブロウを使って、まずは輪郭から整えていきます。この時に、一本線で一気に輪郭を描くと不自然な眉毛になるので、なるべく自然に見えるように指でぼかしながら描くと良いでしょう。

細眉の輪郭を描いたら、次は眉毛のすき間を埋めていきます。眉毛全体が均一の濃さになるように、すき間部分に眉毛を1本1本書き足していくイメージで描くとナチュラルな細眉に仕上げることができます。

ポイント4:眉マスカラ

細眉メイクのポイントとして、仕上げに眉マスカラをプラスするのがおすすめです。

髪の毛の色を明るくしている方は、髪の毛の色に合わせて眉毛の色をチェンジしましょう。このときに、手軽な眉マスカラを使用するのがおすすめです。

眉マスカラは、アイブロウで描いた眉毛の上に使用します。まずは眉毛の流れに逆らって一度塗りし、それから眉毛の流れにそってもう一度ブラシを動かすことでナチュラルに仕上げることができます。

細眉メイクを際立たせるスキンケアはこちら

細眉メイクを完成させても、お肌が乾燥していてはせっかくのメイクが台無しになります。季節の変わり目は特に、乾燥して肌がカサカサしてしまいがちです。

乾燥しがちな肌におすすめなのが、ETVOS(エトヴォス)のスキンケア商品です。全てのスキンケア商品にセラミドが配合されているので、乾燥しがちな肌をうるおすことができます。

うるおいがあるツヤ肌に、細眉メイクでばっちり決めてお出かけしてみてはいかがでしょうか。

細眉メイクの有名人

細眉のメリット/デメリット8選・細眉が似合う人の特徴・メイク

細眉が際立つように、また顔全体のメイクと細眉がマッチするようにメイクするにはお手本があると便利です。そのためにも、細眉メイクをするにあたって、細眉メイクの芸能人を参考にしてみてはいかがでしょうか。

細眉メイクが印象的な芸能人を紹介します。なりたいメイクの芸能人を参考に細眉メイクを研究してみてはいかがでしょうか。

石原さとみ

ドラマや映画に出演すると、メイクやファッションが話題となる石原さとみの細眉メイクを参考にしてみてはいかがでしょうか。

女優にはヘアメイクを担当するプロが付いていることが基本ですが、石原さとみはヘアメイクを自分で行っていることでも有名です。役柄に合わせて、メイクやファッションを考えているというそのプロ意識や努力はすさまじいものがあります。

石原さとみの男女ともにウケの良い細眉メイクを研究してみましょう。

北川景子

細眉メイクの有名人として、小顔でスタイリッシュな印象が強い北川景子を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

北川景子の細眉メイクは、下眉毛を剃りすぎずに少し残しているところが特徴です。下眉毛を多めに残すことで、目と眉毛との距離を近づけることができます。そうすることで、目と眉毛との距離を近づけることができ小顔メイクが完成します。

北川景子の細眉メイクを真似する時は、下眉毛を意識してみましょう。

沢尻エリカ

細眉メイクの有名人として、凛とした表情で強い女性のイメージがある沢尻エリカを挙げることができます。そんな沢尻エリカのようなハーフ顔のキレのある目元には、すっきりとした細眉メイクが似合います。

また、細眉メイクはアイシャドウなどの他のアイメイクが濃くなりがちですが、沢尻エリカの場合はナチュラルメイクが基本です。あまり色味を足さないことで、細眉メイクを引き立てることに繋がります。

安室奈美恵

細眉メイクを流行らせた存在と言えば、安室奈美恵を挙げる方も多いでしょう。

安室奈美恵が10代の頃に、アムラーと呼ばれる安室奈美恵のファッションやメイクを真似する人たちが表れました。その頃のメイクの特徴に細眉があります。

また、安室奈美恵の現在のメイクにも細眉は健在です。アムラーが流行った当時の細眉よりは太くなりましたが、安室奈美恵の小顔には、細眉の方がバランスが取れます。

吉瀬美智子

モデルや女優として幅広く活躍している吉瀬美智子の眉毛も細眉メイクです。

細眉メイクは若い人だけのものではなく、大人の女性でも自分に合った細眉を作ることができます。そんな大人の女性の細眉メイクのお手本として、吉瀬美智子の細眉メイクを参考にしてみてはいかがでしょうか。

吉瀬美智子の細眉は、眉山の角度を付けて眉尻を短めにしていることで大人の女性に似合う細眉に仕上げています。

細眉メイクでかわいくなって男性にモテよう

細眉のメリット/デメリット8選・細眉が似合う人の特徴・メイク

細眉について似合う人の特徴や細眉のメリット・デメリットについて紹介しました。

細眉は細すぎれば良いというものではありません。あくまでも自分の顔のパーツと眉毛とのバランスを見て、自分に合ったサイズの細眉に整えることが大切です。

そして細眉メイクは太眉メイクよりも男性ウケするメイク方法です。自分に合った細眉メイクで男性にモテるかわいいメイクに仕上げましょう。

眉メイクを極めよう

眉メイクを極めるには、細さや太さだけではなく、眉毛の描き方を研究することも大切なポイントです。

眉毛を描くのが苦手な方はペンシルタイプよりもパウダータイプを使うなど、アイブロウのアイテムを変えるだけで、眉メイクが格段に上達する場合があります。

眉メイクが苦手と諦めずに、自分にあったメイク方法で眉メイクを仕上げてみてはいかがでしょうか。

Related